• コンセプト
  • 初めての方へ
  • 送料・お支払い
  • 由仁について
  • 由仁について
  • 由仁町の生産者
  • 特集
  • まるほり野菜園 ミニトマトジュース
 
まるほり野菜園

ミニトマトに見出した可能性

新規就農者ならではのアイディアで

近年、道内の多くのまちで行われているのが、新規就農者誘致と支援の取り組み。もちろん由仁町でも行われていて、すでに何人もの新規就農者が畑を持ち、がんばっています。


堀内剛さんも、そんな1人。そして新規就農者ならではの柔軟なアイディアから生まれたのが、由仁町の新たな名物となりつつある「ミニトマトジュース」です。


堀内さんの、農業とミニトマトにかける想いをおききしました。


まるほり野菜園 相棒のトラクターも、冬に備えてハウス暮らし?


偶然の産物?人気のミニトマトジュース

就農して4年目の堀内さん。当初からミニトマトとそのジュースを手がけており、いきなりユニークな商品を生み出していますが…?
「最初にいくつか作った中でミニトマトが評判もよかったし、技術がない自分は一つの作物に絞ったほうがいいと思って、ミニトマトに着目したんです。ミニトマトは品種も多くて、食卓を明るくできるしね」。


おいしさで評判を呼んだミニトマトは、さらにジュースに進化します。珍しいミニトマトジュースが生まれたいきさつも、気になるところですが?
「最初の年に、余っちゃったんですよ(笑)。でも由仁町には幸いにも、自分たちが使える加工場があって。そこで、お世話になっている先輩農家さんからジュース作りをしている農家さんを紹介してもらい、ジュースを作ってみたんです。
普通のトマトジュースは作る人がものすごく多くて、そんな先輩方に僕がかなうはずもないから。それに、今あるものとは違う価値を作り出したいという想いもありました」。


今や大人気のミニトマトジュースは、ある意味偶然の産物だったのかもしれません。
「試作するときにジュースも品種ごとに作ってみたら、生で食べるよりもむしろ品種ごとの違いが際立って、おいしかったんですよ。逆に生とは違うイメージのジュースになるものもあって、これは面白いなと」。


まるほり野菜園 パープル、オレンジ、赤、黄色と、見た目にも美しい4色は味もバラエティ豊か。これが、堀内さんのミニトマトジュースです。詳細は商品ページにて。


4色揃った、夢の結晶

農業大学を卒業したものの、しばらくはサラリーマンとして花に関する仕事をしていた堀内さん。40歳を過ぎ、やっぱり当初の夢であった農業をやりたいと思い、由仁でそれを実現します。そうして生まれたのがこのミニトマトジュースというわけで、まさにこの美しい色は、堀内さんの夢の色だったのかもしれません。


ミニトマトジュースは由仁町のお店やレストランをはじめ、道外にも徐々に進出。色の美しさと個性的な味が多くのリピーターを生んでいます。カクテルのブラディマリーに合うトマトジュースとして「日経トレンディネット」で紹介されたこともあり、前途は洋々です。


「ウチの野菜園としては、まず生のミニトマトを食べてもらうというのが先です。やっぱり生に自信があるから、ジュースにもできるわけですからね。ただ、ボツにする分も多いですけどね。出荷の基準は自分の舌だけですから」。
ミニトマトに関しては、とにかく味重視。「おいしければ使う。そうでなければ使いません」と、単純明快です。この姿勢を貫き、いつしかミニトマト専業になったまるほり野菜園。その理由は、絶品のミニトマトジュースを味わえばわかるでしょう。


まるほり野菜園 和み系の堀内さん。しかし、まるほり野菜園のホームページには化学肥料や農薬に関する高い見識も書かれており、研究者的な資質と信頼感を感じます。

生産者情報 北海道夕張郡由仁町岩内1814番地
TEL&FAX.0123-87-3433


販売商品一覧

表示切替: 並び順:
7件中1件~7件を表示
7件中1件~7件を表示

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日

アンケート

ページトップへ