• コンセプト
  • 初めての方へ
  • 送料・お支払い
  • 由仁について
  • 由仁について
  • 由仁町の生産者
  • 特集
  • まるほり野菜園 ミニトマトジュース
 
三木田果樹園

北海道のりんご作りの伝統は由仁に根付いていました

りんごも育てる、由仁町の「農力」を実感

北海道のりんご産地というと、深川市や余市町、仁木町が思い浮かびます。その中で、由仁町もまた高品質なりんごの産地であり、オールラウンドに様々な農作物ができる「農力」の高い土地であることを、もっと広く知ってほしい。そこで、由仁町山形地区の三木田果樹園を訪ねました。


ちょっと非日常感のある可愛らしいりんご畑の風景、それを越えたところにある直売所や倉庫には、りんごの甘くてたまらない香りが漂っています。すぐにかぶりつきたい衝動を抑えつつ、三木田修さんにお話をききました。


三木田果樹園


故郷でりんご農家を継ぐ決心

開拓当初、各地で盛んにりんご栽培が行われた北海道ですが、現在ではりんご産地はそれほど多くありません。そのひとつが由仁町。りんご農家三代目の三木田修さんはこう話します。

「この(三木田果樹園がある)山形地区は、山あいで畑や田んぼ向きじゃない地形なので、昔から果樹園が多かったんですよ。でも今ではウチを入れて4軒だけです」。


厳しい状況の中、まだ30代と若い三木田さんは、それでも果樹園経営に至ります。

「ウチはずっと農家で、りんごは祖父の代からですが、畑を継ぐ気はなかったです(笑)。しばらく埼玉で営業マンをやってたんですが、やっぱり『田舎人』なのか、結局こっちに戻りたくなったんですよね。でも兄は継がないっていうし、もったいないと思って自分が継ぐことにしたんです」。


これを聞いたお父様は最初、必ずしも賛成しなかったそうです。それは、自分がしてきた苦労を息子にさせたくないという親心からでした。ともあれ現在は、意欲ある担い手に恵まれた三木田果樹園。家族で協力しながら、由仁町産りんごの味と伝統を守り続けています。


たわわに実る、小粒種の「アルプス乙女」。 たわわに実る、小粒種の「アルプス乙女」。


貴重な由仁町産りんごを、一番おいしいときに

今や貴重な由仁町のりんご。他との違いを聞いたところ…

「小さい頃からウチのりんごばかりで、売ってるのはあまり食べたことないんです(笑)。でも本州で食べたらイマイチに感じて、改めて『ウチのりんごってうまかったんだ!』と認識しました(笑)。由仁のりんごは、甘みも酸味も含めて味が濃い感じがしますね」。


三木田さん 三木田修さん。若いうちに、あえて厳しい家業を継ぎました。

三木田果樹園では20以上の品種を栽培中。時期ごとに一番おいしい品種を出荷しています。特徴的なのは、りんごは収穫量の約7割を自宅隣の直売所で売るということ。しかもその直売価格は、思わず二度見して驚くほどの安さです。でもそれって買う側にはうれしいですが、直売よりも市場に出すほうが、商売としては安定するのでは…?


「家族でやってる畑だから、値段はこれで十分なんですよ。それよりもお客様の顔を見て売るほうが重要です。それにりんごは倉庫で寝かせて追熟するので、直売所ならその日に一番おいしいものを出せますから。市場出荷してスーパーとかに行っちゃうと、もうコントロールできないですからね」。


りんごを店頭に出すタイミングにまで、熱いこだわりがありました。


畑に隣接した直売所 畑に隣接した直売所。手間ひまかけたりんごを、一番おいしいときに販売します。

「お客様から『こないだの○○おいしかったんだけど、今日はないの?』なんて言われることもあります。最高の状態にならないと売らないので、直売所に全部の品種は揃わないですからね。だからウチは『お客様に優しくない果樹園』かもしれません(笑)」。


いえいえ、そのこだわりこそがお客様への一番の優しさであることは、直売所のリピーターの多さからもわかります。もちろんこのネットショップでも、注文時に一番おいしい状態の品種を出してもらえるそう。届いたらすぐに、旬の味わいをお楽しみいただけます。


今後は輸出にもチャレンジしていきたいと、若い経営者ならではの新たな試みにも前向きな三木田さん。温かみが詰まった由仁町のりんごを、ぜひ味わってみてください。


箱詰めされるりんご 丁寧に箱詰めされるりんご。皆様のお手元には、この箱で届きます。
生産者情報 北海道夕張郡由仁町山形81番地
TEL.0123-83-3144


販売商品一覧

表示切替: 並び順:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日

アンケート

ページトップへ